2015年5月26日 (火)

歌手中居正広、X-japanのToshiも洗脳させた犯罪者弁護士紀藤正樹

Hello

さて、霊感商法被害弁護団なる組織の実態ですが、
誰がどんな宗教を選ぼうが他人がごちゃごちゃいう必要はどこにもなく、これも電波を通じてまことしやかに視聴者に「統一教会は」、、と、、洗脳をしてマスコミまで利用悪用の世界、これが霊感商法被害対策弁護士の目的のひとつ、子供が無理やり拉致されて入信させられたわけじゃないのよ、大のおとなが自分の意志で入信し其の宗教のTopの思想に魅せられているだけのこと、それを大げさな表現で電波を通じて、にそこは悪のたまりばだと必死で植え付け作戦、創価学会の池田大作を神様と信じる人もいる、ワールドメイトのTopを神様だと信じる人もいる、キリストを神様だと思う人もいる、それは全部その人の自由な宗教選択範囲、またツボを高値で購入させられた、だから詐欺だと、自分の意志で買っただけのこと、銀行に無理やり連れて行かされてナイフを腹に突き刺されて、脅迫をされながら引き出したお金じゃないでしょうが、自分の意志で買おうと決めただけのことを大げさに、洗脳させられたと騒ぐのが霊感商法被害救済となのる側の特徴、だいたい、過保護、自分の意志で入信、自分の意志でツボを購入を決めた、外野ががたがたいうほうが、ほっとけばいい、合同結婚式もそう、一組であげる結婚式よりみんなで同時に、いいじゃないの、幸せ感を大勢でわかちあう、其のための費用も自分たちで用意、そこから受ける高額な費用が協会側に渡るというわけよ、どんな企画会社でも会社のりり分はあってしかりでしょうが、音楽関係の企画でも主催者側の取り分も含めての企画、ボランテイアではない以上は、弁護士もそうでしょうが、霊感商法被害対策弁護団としての依頼費用という取り分も考えた上での救済側、各被害弁護団もそう、自分たちの弁護士は依頼人から得る費用も含めての各被害救済側であるように、
drama
drama
企画=主催者側の実」も含めては常識範囲、自分たちの取り分のことは何も言わず各宗教の企画だけに目の敵にってどれだけ自分勝手な解釈なのよ、でしょうが。合同結婚式で幸せを得た人も現実に存在しているが救済側がそれは語らない、不幸になった人のみを強調したがる其の意味は? 救済弁護団側の実りがすこしでもあるように、、霊感商法被害弁護団がこの事実を隠す理由は?どっちが本物の洗脳者なのよ、、自分の悪質な犯罪行為を隠して、他人が起こした被害をTVで語るって、まともな人間性がすることではない。、一般社会犯罪者と同じ立場、前科者です、遠隔操作は犯罪ですから、あの一時期、騒がれた遠隔操作の容疑者、眉毛が特徴の、其の容疑者と一緒です。こんな悪質な弁護士でもファンが居る、紀藤の人間性は無関係で「弁護士だから」というだけの次元、こういうファンも紀藤は自分の有名税を傘にしてファンさえも洗脳させている立場ですからね他人の宗教に偉そうに語る資格はこの犯罪者にはないです。、合同結婚式?いいじゃない皆さんで幸せを分かち合えば、、それも皆個人の選択ですから、他人がごちゃごちゃいう必要はありませんわよ、ツボをかわされたって言葉を使いたがる、自分で買っただけのこと、ご先祖さまが泣いていると言われて無理やりかわされたってあなたね、、見えないものいると信じた個人の責任範囲、それを電波をつううじて、大げさにそれは騙されただけのことって、、どこまでも過保護、自分の責任範囲、高いと思ったら買わない選択をすればいいだけのこと。高いとおもったけどご先祖様が、、と脅迫されたというのが霊感商法弁護団の特徴、見えないご先祖さまを見えたと言われ信じた方の個人責任範囲、なんでもかんでも統一教会は悪だと決めつける、其の理由は?霊感商法被害弁護団の実入りを一番にかんがえてのこと、、いわば企画側の収入優先作戦
drama
drama
Aum宗教のように人殺しまでするような組織は無くして当たり前、信者をしあわな気持ちにさせたいという気持ちと其のために企画すれば宗教側の収入も考えて当たり前、弁護士側の収入は求めて、教会の収入だけが悪って何様なのよ、どちらも企画している以上は、どちらも企画側の収入も考えて当たり前でしょうが、言い分が自己中なのがこの気筒が所属する各被害者救済弁護団側の特徴。じゃあ宗教側の収入はなくて当たり前というのならば霊感商法弁護団の収入も考えるなって話でしょが、どちらも無収入ですればいいだけのこと、自己中男がなぜ各大型詐欺商法事件に首をつこみたいのか?被害者救済が一番の目的ではない、依頼費用が見込める、、お金目的とすでに判明していますしね。大型詐欺事件で被害者に投資したお金はまず戻りません、なぜならばすでに詐欺軍団が使い果たしてますから、紀藤が所属する被害者救済弁護団は特に要注意、弁護士依頼費用を払う二重の苦しみを得るだけ、、紀藤が関わる詐欺事件で問題解決ケースはひとつもない、第二東京弁護士会同様に、適当に調査開始を歌い、適当に更新情報をUpし、なんでも適当、、弁護団の実入が確実ならば後は被害者がどうなろうが感知しないのが紀藤という悪質な種類の弁護士わたくしがもっとも、この男の言動で呆れたのは、自分であぐら牧場被害対策弁護団長を名乗りながら、其のへんのミーハーファンがおせいじに祭りあげられて、次の都知事は紀藤先生でしょと言われたら、本気になり、「応援してくださいよ」ときたもんだ、、自分で弁護団長を名乗り出たのなら、その受け持ったケースが完全に終わるまで普通の精神者ならば、そう考えますでしょ? ところがこの名誉欲獲得だけに命をかける弁護士は自分が守ると約束した被害者を置き去りにして、次は都知事だと、、で、、わたくしが「あなたは自分で弁護団長を名乗りでて其の役目を果たす前に自分だけ陽の目のあたる都知事になるつもり、その自己中次元が理解できませんかね?被害者は今もお金で苦しむ生活でしょうが、それらを切り捨てて自分だけ移動って非常識も甚だしい」と、、そこでこの男、自身の無神経な言動に目が覚める次元の低さ、
drama
drama
だから100%の根拠としてこの弁護士は被害者のことなど何も考えてない、自分の名誉欲のためなら、被害者に約束した事もすっかり忘れて、自分の名誉獲得のために被害者を平気で切り捨てるするかしこい偽善者とね。この男の言動で、この男がうけるすべての依頼ケースに本気さは感じられないが見て取れてますけどね。X-JapanのToshiを洗脳させたのはMasayaではございません、この男の名誉欲の塊がToshiを電波を通じて洗脳させていた根拠もこの弁護士の行動で全て明らかになっていますから、中居正広を洗脳させたように、、この男の正体を日本国の出版社経由で公表したいくらいです。日本国に皆さんはこの役職に完全に騙されていますね、大体、まともな種類の弁護士なら、依頼人を切り捨てて自分だけ都知事になるために行動に移しませんしね、まともな種類の弁護士ならば世間にばれなければと遠隔捜査刑事事件を起こしませんしね、まともな種類の弁護士であれば、後輩弁護士に偽証させてもなんとも感じないなんて神経は持ち合わせていませんしね、この男のすべての言動で自身の悪質な弁護士姿勢があきらかになっているように、、汚い種類の人間性であることは100%の事実です。第二東京弁護士会ほど信用で見きない弁護士は他にはない、そしてその会に所属する紀藤正樹と佐々木大輔、山口貴士、梅津竜太、江川剛、中森麻由子、萩上守生、らのような悪質な後輩弁護士らとともにどこまでも道連れになるだけ、、、、最低な種類の犯罪者ばかり。ペテン師紀藤正樹がかぶりそうな帽子ですわね。May/26/15---------------------------------------

歌手中居正広も洗脳した犯罪者弁護士が目の敵にする統一教会

Hello again.

わたくしが当地で受けた集団ハラスメントの日本側の加害者の中に、この犯罪者弁護士紀藤正樹がいるわけですが、
mugcupsusa.cocolog-nifty.com
「世界でただひとつの集団ハラスメント刑事事件」
その新原稿が出版社に無事に届いたことで、しばらく更新していなかったここを開始しているわけですが、その新原稿には紀藤の犯罪行為の一部始終と、第二東京弁護士会会長の山田秀雄、秋山清人による職務怠慢、不正調査結果も記載済み、この山田秀雄もTVに出てえらそうにに法律解説をするタレント弁護士のような存在。この第二東京弁護士会とは、組織に役に立つ弁護士の犯罪行為を会全体で庇い合う仕組み、要するにてきそうなんですよ、懲戒処分申請が届けば、一応受理する、そして適当な時期を見て調査開始しましたと嘘のてがみをよこす、そして更に時間を稼ぎ、定期等な日にちがすぎれば、調査結果として「懲戒しないと決定した」と通知をだすだけ、調査もしてないのも紀藤正樹の犯罪ケースであきらかになっていますしね。
まともな組織であれば遠隔操作の犯行現場は紀藤正樹のパソコンですから、それを提出させて徹底的に調べますけどね。また紀藤も弁明書にあるのが事実と言いたいのならば自分から率先して「自分のパソコンを徹底的に調べてくださいといえますが、紀藤はそれからも逃げてますしね。自分から弁護士界に提出希望をだせるがわ、文章などは何の証明にもなっていないことさえも理解不能程度。今までこの悪質弁護士会のために懲戒処分を申請しても第二東京弁護士会がこの程度なんですから、適当に調査をしたふりをし、適当な時期を見て処分をきめれば、相手もなった苦をするといいという悪質さ、しかし一般人は冷ませてもわたくしは、そうは行かないことも知らず、すでに日本の弁護士会のひとつ第二東京弁護士会の質の悪さは、世界規模でわたくしが事実のみを公表します。いつまでも悪態調査が続くなんておもっていた、ずる賢さをわたくしが徹底的に葬りますから、これも自業自得。自分の偽の外見に酔いしれた山田秀雄率いる第二東京弁護士会の粗末な体制からでたもの。
<TVに出演する弁護士の類似点>
山田秀雄の場合、其の自身の次元も弁護士姿勢も組織会長としての姿勢もお粗末。
●紀藤もTVに、、裏では世間にばれなければと延々と犯罪行為、
●佐々木もこんな低次元の先輩弁護士のために偽証までした犯罪者
というように、TVに出る弁護士ほど、うさんくさいもの証明です。
さて自身の犯罪行為をひた隠しにしている紀藤正樹、これが目の敵にするのが統一教会、これもポーズなんですよ、其の根拠は紀藤の弁護士姿勢からもはっきりと伺えます、
長くなるので誌面を替えて、、Later

歌手中居正広と遠隔操作犯罪弁護しの後輩佐々木大介の黒い関係

Hello
タレント弁護士とは、弁護士力がない分、すこしでも自分はすばらしい弁護士だと世間に公言するに一番良い場所は、TVに出演すること、大した弁護士力は無いのをそれらしい力のある弁護士だと電波を使って視聴者を洗脳させて、、と、。普通に考えて自身に本物の弁護士力が備わっていれば、なにも電波を通して自分を売り込むを必要はないですからね。それこそ人づてや口コミでそこの弁護士さんはできる人だと第3者が認めてくれるというもの、わざわざTVに出たがる弁護士ほど無能弁護士類と覚えておきましょう。
その無能弁護士の一番手が、アメリカ在のわたくしに異常な執念でストーカー行為を続ける遠隔操作犯罪弁護士紀藤正樹、自身が作成した弁明書も、これが弁護士の作成?とおもうほどの矛盾だらけ、さすがタレント弁護士と思うくらいの弁護士力ゼロ、こんな低次元弁護士をTVで持ち上げられて、本人も自分はできる弁護士と恥ずかしい勘違いをし、先輩弁護士がこの程度ですから、後輩弁護士も弁護士力はゼロ以下、評価できないほどの無能さと判明。それが佐々木大介なる背丈だけは一人前に高い、後は弁護士としての力はまったくなく、すでに偽証と言う犯罪行為を犯した前科者に等しい男てすしね。
だいたい弁護士事務所を選ぶ際に、何を基準としたのかがすでに判明、弁護士力はゼロの紀藤正樹とはまったくしらず、佐々木も電波を通じて洗脳されていますからね、紀藤弁護士なら、、と、騙されて、実は紀藤正樹は只のその辺の犯罪者と全く同格、マスコミに名前がしれているから、いつか自分もTVに出てという野望が優先で選択したのが紀藤正樹の事務所、なるほど犯罪者には犯罪者後継者が生まれるという道筋ができあがっているのが実によく分かる。弁護士事務所を選ぶ際に紀藤正樹の低次元と佐々木大介の腐った野望がマッチしたということです。そしてその一致した相性のよい後輩を自分と同じTVに、、と、、紀藤が好んで佐々木をテレビ会に送り込み、佐々木文字新お犯罪行為を隠して偉そうに、、弁護士は、、うぬんと、弁護士にもいろいろ格差があるの、弁護士でありながら、所長である紀藤正樹の犯罪行為をしらぬぞんぜぬで認めた無能弁護士の見本のような弁明書、その矛盾点すら理解できない程度、
紀藤経由でTV界におくりこまれたら、後は紀藤同様に低次元の弁護士になりさがり、紀藤同様にすでに犯罪者、どこまでも道連れ、まあしょうがないですよね、佐々木大介の人を見る目が最初から狂っていたわけですから、自業自得誰の責任でもない、わたくしなにが嫌いっていえば、大した力もないのに自分を飾り立てて、ニセの外見を作る人、つまりそらは偽善者ですからね、自分の努力の上に徐々に外見中身を磨く人こそ人づてで口コミで
その人間性の評価を得るもの。佐々木大介が紀藤を選んだのがわかるようですわよ
要するにうわべだけの人間性、紀藤の法律事務所に所属する弁護士が全員無能、「へ~~~弁護士を名乗りながらこんな簡単な矛盾も理解できないんだ、、」と改めて感じたくらい粗末な弁明書でしたから。
そして女性事務員も紀藤の犯罪行為の共犯者ですしね。狐と狸の化かし合い、依頼人はカモがネギを背負ってきたとしか見てません、それも100%事実ですしね。歌手中居正広も電波を通じて紀藤に洗脳された一人ですから、紀藤の弁護士力ゼロの次元を全く知らず、テレビに出ているから優秀な弁護士だとすっかり洗脳されて、、佐々木大介が出演する番組に中居が好んで出演というのもその関係から、これを黒い関係といわずしてなんというでししょうが、、、中居は善人のふりをしている弁護士紀藤正樹とその後輩佐々木大介に完全に騙されている事に気が付かないだけ、、、。
統一教会を目の敵にする犯罪者弁護士紀藤正樹につづく。May/26/15

歌手「中居正広」、遠隔操作犯罪ケースの関係者です。

Hello there。

タレント及び芸能人弁護士とは、そのビジネス関係者も悪用利用なのは朝飯前の世界です。日本国以外の人にはまったく名前さえ知られてない歌手「中居正広」も、紀藤の犯罪行為を美化するために動いた人物の一人です。
他にも捏造番組に出演したのが
●大竹しのぶ
●華道家假屋崎
●ベッキー
卯月
安住伸一郎等金スマに出演の芸能人と、
●遠隔操作犯罪弁護士の美化ばんぐみとはしらずに利用された元X-JapanのToshi
製作会社
などはこの刑事事件の関係者です。どの芸能人も「まさかあの紀藤正樹弁護士が遠隔操作犯罪なんて」、、と思いたいのは勝手ですが、事実確認を怠り、空想だけの次元で犯罪者ではないと、視聴者に知らせるために電波を通じて犯罪者弁護士を美化するための番組作りなどは、ヤラセの世界であり捏造番組ですから、これらも違法行為に加担した芸能人たちです。芸能界とはなんでもあり、違法行為だろうが、、しかしその行為で確実に遠隔操作犯罪弁護士紀藤正樹の犯罪はさらに立証されただけ、
遠隔操作犯罪弁護士のために偽証までした後輩弁護士佐々木大介と中居正広の黒い関係につづく。
May/25/15------------------------------------------------------------

2015年5月17日 (日)

芸能界の「ヤラセ番組」とタレント弁護士とのねじ曲がった関係

日本国の弁護士会

日本全国各都道府県に必ずありますが、その中でも一番悪質な弁護士会が第二東京弁護士会、現在の会長山田秀雄もいわゆる芸能人弁護士と呼ばれる立場に属するはず、というのも山田は日本のテレビ番組でも目にする機会はたたあるでしょう。弁護士会の役目とは?不正を犯した弁護士に対して厳正なる姿勢で、どの弁護士にも公平な処罰を与えるべき組織、ところがこの第二東京弁護士会とは、まるで社会主義国家のように組織にとって何かしらの役職についたことのある弁護士の犯罪行為には一切直視せず、物的証拠も徹底的に調べもせず、不正調査結果を早々に出すようなお粗末な組織です。其の結果、第二東京弁護士会では公正な調査などは興味が無いと自らが会長をつとめる弁護士会と山田自身が公言したのと同じですね。では其の程度の第二東京弁護士会もはや何の信用もない、こんな低次元の第二東京弁護士会などに依頼するだけ時間の無駄、後は日本の弁護士会の頂点にたつ組織に、山田秀雄を含む世間にバレればければと延々と遠隔操作、ストーカー行為を続け遠隔操作という刑事事件の容疑者弁護士紀藤正樹ともども、資格剥奪申請書をだすのみ、
<資格剥奪対象弁護士名>
紀藤正樹ーこのケースの張本人
       遠隔操作容疑者弁明書で偽証罪確定、簡単な矛盾も理解不能程度の弁護士
山田秀雄ー第二東京弁護士会会長、職務怠慢で加害者の野放しにした男
秋山清人ー同じく第二東京弁護士会、山田の家来となり同じく職務怠慢
山口貴士ー偽証罪確定、この男も簡単な矛盾点すら理解不能
佐々木介ー弁明書で偽証済み、
梅津竜太ー弁明書で偽証している事態理解不能
刑部志保ー元紀藤事務所所属弁護士、自分だけ逃げて事務所を変更し、しかし逃げても
中森麻由子ー紀藤をまっとな弁護士と思い所属に、しかしただの犯罪者とも知らず、
萩上守生ー同じく偽証している根拠すら理解不能、
江川剛ー同じく偽証済み、偽証は犯罪行為です。
<懲戒処分対象弁護士>
岩下圭一ーストーカー並に無意味な申請書を送り続けた弁護士
山口広ーー霊感商法被害救済側を名乗るが身内の弁護士の犯罪は黙認
渡辺博ーー同じく霊感商法救済側、山口同様に救済側の弁護士犯罪には無関心
北村晴男ー芸能人弁護士
本村健太郎ー同じく芸能人弁護士
大渕愛子ー紀藤を祭り上げる企画に参加
菊地幸夫ー同じく芸能人化した弁護士
八代英輝ー同じく芸能人弁護士化、所属弁護士の悪質な行為を黙認
鈴木喜久子ー紀藤とは救済側、黙認
塚田裕二ー犯罪弁護士紀藤とは救済側、黙認
壇俊光ー犯罪者弁護士紀藤正樹を先輩と崇める男、紀藤は只の犯罪者ですがね。
さて偽証をしたことも理解不能な低次元の弁護士とそれらを庇った弁護士達、さてこれらの弁護士の処分はいかに?
もしこれから弁護士になる方がいて所属先をお探しの方は、第二東京弁護士会だけは避けたほうがよろしいでしょう。独裁国家体制のような弁護士会に所属でもしてもしたら最後、其の弁護士も犯罪者の仲間入りになり調査される側に立ちそうですから。またこの犯罪弁護士紀藤正樹を美化するために一役買った芸能人とその番組制作会社もヤラセ番組を、、それは違法行為ですけどね。歌手中居正広ら金スマ製作会社を含む多数、、最も卑劣な犯罪行為を犯している弁護士を「美化」するとは、そのケースの事実確認もしないで、、しかしその結果、わたくしにはたくさんの根拠ある真実が生まれましたが、、、、、☂☂☂

2015年4月21日 (火)

第二東京弁護士会長の不正と職務怠慢=これも犯罪行為です。

日本の皆さんは弁護しと言うと、一目置かれている人もいると思いますが。ここに不正調査と直無怠慢で早々に結果を急いだ第二東京弁護士会の不正行為を公表しましょう。弁護士会に役立つ立場の犯罪行為には弁護士会長自ら闇の葬るために、犯罪を未然に防ぐ側がこの悪質さ、。

==================================
「不正=犯罪」ですからね。弁護士会の役目とはどんな役職につこうが所属弁護士は皆平等の元、公正な調査や物的証拠を徹底的に調べて其の結果を出す側。しかしこの第二東京弁護士会の会長山田秀雄も遠隔操作犯罪弁護し紀藤正樹とうようにTVに出演するいわば芸能人弁護し立場ですから、同業者である前にTV界においても懇意になるため、犯罪を隠すための調査結果に終わりました。弁護士会において対してただ所属している弁護士が犯罪を犯せば徹底的にs調査をし、資格剥奪や、懲戒処分を与える、しかし役職があり、会長山田秀雄と同じくTVにも出演する間柄を優先し、、もはやこれは弁護士会ではなく私情を挟んだ独裁者国家のようなもの。
==================================
もはや第二東京弁護士会などは、何の信用もできない組織と判明、ならば、後は日弁連に対して縁なく捜査犯罪者紀藤正樹、第二東京弁護士会会長山田秀雄、秋山清人、
以下の懲戒処分申請も
●山口貴士(以下の弁護士は紀藤の事務所所属で全員弁明書で偽証済み、犯罪行為)
●佐々木大介
●江川剛
●阿部克臣
●梅津竜太
●萩上守男
●中村麻由子(弁明書無し)
●刑部志保(弁明書無し)
==============================
●山口広 (霊感商法弁護団メンバー)
●渡辺博 (霊感商法弁護団メンバー)
==============================
●北村晴男 (以下芸能人弁護士)
●本村健太郎
●菊池幸男
●大渕愛子
●八代英輝
==============================
●尾崎純理 (紀藤の元所属法律事務所)
==============================
●壇 俊光 (紀藤とは大阪大学先輩後輩の仲)
==============================
●鈴木喜久子 (あぐら牧場弁護団メンバー)
●塚田裕二
==============================
以上の弁護士全員は紀藤の犯罪行為に誰一人として注意をうながすこともせず、山田秀雄のように「身内」=「同業者+ビジネス関係者」の犯罪行為にはひたすら目をつぶり黙認、、、、紀藤と山口貴士には資格剥奪、後の弁護士には法を司る側が、私情を挟んで自分可愛さ立場を優先した以上は、処分を受けて当然ですので懲戒処分を申請します。
これについて何か抗議したい人がいれば、世間にバレなかればと延々と犯罪行為を繰り返す現役弁護士紀藤正樹リンク総合法律事務所に所属する山口貴士等ら女性事務所員達、03-3515-6681に申してくださいませ。問題を起こす人が存在しなければ、わたくしはどなたにも何も言う必要はございませんから、「原因と結果」を履き違わないようにお願いします。犯罪者弁護士と知り合いだったばっかりに、、、、また不正調査や職務怠慢経由のもと出して結果などは何お役にも立たず、返って、問題をさらに大きくしただけ、弁護士でありながら、そんなことも理解できないのがこの悪質極まりない山田秀雄会長が存在する第二東京弁護士会というところです。April/20/2015===============================================

2015年3月 9日 (月)

昔は割りと好印象だった山田秀雄弁護士、、今は、(==:)

日本の弁護士とは、TVに出る機会が多いですよね、米国では弁護士がTVにて法律的な番組に、、って、殆どありません。法曹関係者が出演する番組といえば、TV公開裁判なる番組、本当のケースをテレビで放送、ただし陪審員はいませんが、番組は公開裁判ですから、町の裁判所のように、シャリフ警察官も居ます。、判決は其の判事が出す仕組み、わたくしの好きな番組の一つです。、ですから日本のようないろんな番組に弁護士が登場することはないので、弁護士名は知られてないのが一般的なのです。tvtvtv

日本の弁護士は各TVに出すぎな気配、、日本の弁護士で今までわりと良かったのが、第二東京弁護士会所属の山田秀雄(現在は第二東京弁護士会長)、、「紀藤正樹の犯罪行為懲戒処分申請のために提出した後、山田らの不正調査&職務怠慢が発覚、そんな次元者だったとは」、今は紀藤同様に軽蔑者ランクに、、要するに人は見かけではわからないということですかね?。March/8/2015tvtv-------------------------------------------------------------

第二東京弁護士会「霊感商法救済被害対策弁護団」の目的

どんな宗教を得るかは個人の自由

そもそも自分たちの意思で各宗教信者に志願し入信した以上は、その後の生活は個人の責任範囲、其の宗教の真の実態が目に見えてないだけ、例えば、Aum宗教、其の信者達は自分の目でみて、そこが、自分の窮地を救ってくれると信じればこそ入信した立場ですけどね。その宗教がいかがわしいとは気がつかない其の程度の目しか持ちあわせていなかっただけのこと。それを後から弁護団を名乗るやからが、「そこは危険な宗教だからすぐ出なさい」と、、無理やり被害者に仕立てる、それが霊感商法弁護団を名乗る側の目的、。
noodle
noodle
noodle
だいたい麻原ごときが「空中で座れる」なんていう事態、それを信じるほうが、どうかしていますけどね。また「自分独自の国を作る」なんてありえないことを信じるほうが、、科学で証明できないものは、この世には存在しないという簡単な常識が其の信者達にそなわってないだけのこと。、、しかしその見方を変えると、それらのを信じる人はある種幸せ感をあじわえますけどね。「麻原はすごい」と、「入信してよかった」と、、その発想も各人の自由意志範囲ですから、誰を信じようが個人の自由、、日本って、実に過保護者が多い、親が子供に、20才過ぎても干渉する、親や子供の結婚相手まで親が決めたがるとか、、「一個人」としてみてない、宗教でもそう、自分の意思で選んだ先にまで、親や弁護士がなんだかんだと、、干渉したがる。
noodle
noodle
noodle
麻原ごときを「神」だなんて思い込んだ各人の責任範囲、信者のなかにはいまだに被害者だなんて思ってない人もいる以上は、「それらの個人の意思を尊重しなさい」「後から何が起きても自分で問題解決しなさいよ大人なんだから」一般常識範囲ですけどね、これは。霊感商法救済弁護団などは、何が何でも被害者を作り上げる組織、弁護士としての名誉欲が一番先の優先順位、それが、遠隔操作犯罪弁護紀藤正樹の言動であきらかになっているように、、そもそも真の弁護士姿勢に裏の顔などはございませんからね。裏ではわたくしに多大な被害を与えても何も感じない無神経な弁護士が、自分の犯罪行為が世間にばれなければと、、それを隠して霊感商法被害弁護団だ、、?寝言言うじゃないわよでしょうが、、要は一人でも多くの被害者を被害者意識を持たせるために弁護士が「洗脳」作戦開始、「我々が助けてあげました」といいたいだけのこと、霊感商法弁護団の山口広、渡辺博らも、紀藤の犯罪行為を黙認していますからね。両者とも真の弁護士姿勢などは持ち合わせていません、となれば、霊感商法弁護団などは、自分達の名声のために被害者を創りだす根拠がでてますでしょ。
noodle
noodle
noodle
だいたい、各宗教から「ツボ」を高額で購入したと、、買わないとご先祖様が浮かばれないとか言われた?、、なんて「非科学的な話を持ち込まれて買うしかなかった」なんて、どんだけ非科学的な寒々しい信者なのよ」でしょうが、自分の目でその宗教を見て入信、非科学的なことを言われても現実にはありえないことさえ気が付かない、、だから買った???、、全部自己責任、例えば、八百屋さんにて、ちょっと値がはるけど、初物だから購入したけど、食べてみたら大しておいしく感じないとなれば?、これはだれの責任なのよ、、味などは個人々味覚が違う以上は、おいしいと感じる人もいれば、さしてとおもうように、、また、「高い」と思えば、そこでとどまれば済むこと、自分の意志で購入しておきながら、後から文句たらたら、、って、全部誰の責任でもない自己責任
shoe
shoe
shoe
例えば、フリマで500円の靴があり、デザインが気に入り、でも古靴に500円はと思えば、、「値切る」ことも可能ですしね、高額なツボもなぜそれをしない、、してみて値切れないと思えば、購入を控えればいいじゃない。見栄を張り自分で購入しておきながら、弁護団どもが「それは騙されたんだ」って、洗脳作戦を決行すれば、弁護団にまんまと洗脳させられて、、、自分が被害者だと思わないうちから、被害者だと決めつけ、むりやり被害者意識をもたせる、、被害者は一人でも被害者、質より量の被害者立場を作るのはこの霊感商法弁護団の特徴、高価絵画を無理やりかわされた? だれが其の代金を払ったのよ、、自分でしょうが、宗教側が信者の銀行カードを盗み、お金を引き出して其の代金にしたわけでもない、自分で高額代を払いながら、後からそれは洗脳させられて買わされたんだと、、被害者意識を持たすために偽善者弁護士共の作戦も見抜けない程度。
noodle
noodle
noodle
大体、本当の被害とは現実に目に見えるもの、例えば、どこかの化粧品会社の製品を購入し、それが体にまだら模様になり、、という目に見える「被害」があればこそ。。高額なツボを買わないとご先祖様が、、なんていう全く目にみえない被害状況などは「被害」とは言いませんのよ。それは単なる思い込みの次元、誰の責任でもない其の宗教先の現実の姿が見えなかった個人の責任範囲、だらかわたくしは霊感商法弁護団などはまったく信用に値する組織ではないと断言できます。弁護団メンバーが犯罪者、どの口が言えるわけ、、自分も犯罪者のくせに、、そのメンバーの犯罪行為を黙認するような他のメンバーもどの口に言うわけ?、、えらそうに?、被害者意識のないものを無理やり被害者に仕立てる詐欺師のようなもの、、目に見えない被害を、、「それは霊能系の被害だ」と洗脳させるだけの組織、そこに「目」にみえない状況であれば、そもそもそこには「「被害」などはない訳ですけどね」。「それを霊感被害というのです」なんて言い出すのが、非科学的で現実離れした霊感商法被害弁護団ども、、March/8/15------------------------------------------------------------------------

2015年3月 7日 (土)

第二東京弁護士会の不正調査結果「パート2」

Hello again。

第二東京弁護士会所属の遠隔操作犯罪者の現役弁護士紀藤正樹。弁護士としてあるまじき行為ですから、正当な理由として紀藤が所属する弁護士会に対して懲戒処分申請をしましたら、弁護士会では早々に不正な調査結果書が早々に郵送されてきました。その犯罪行為には紀藤の所属する弁護士どもも黙認していますし、事務所員も同罪で証人ですが、この所属弁護士どもにも、懲戒処分を申請しその弁明書のお粗末で、簡単な理由もまったく理解不能な弁護士達判明、その前に紀藤の弁明書も送られてきたのですが、はじめから逃げ腰で、自分お犯罪行為を棚に上げて
業務妨害とあり、悪質な弁護士ほど無意味な法律用語で黙らそうと、そんな程度の弁明書ではこのわたくしには通用しません。
punch
punch
punch
紀藤が犯罪行為に全く身の覚えがなければ、自分のパソコンを弁護士会でもどこでも提出可能といえますけど、紀藤はそれを頑なに拒否、調べられたら困る側の言動です。また、業務妨害であるから弁護士会も懲戒をしない方向で結果をだせ系の文章がありあきれましたね。、紀藤とはAumケースで弁護士名が先に世に出た系ですから、弁護士力がそれについていかれな、、ですので警察が先に動いたケースの弁護団を名乗りたがる、つまり自分でケースの矛盾点を考える必要がありませんからね。 それは常々わたくしが思っていたことと重なりますしね.
punch
punch
punch
遠隔操作などはしない弁護士であれば、「自身の無実をとことん証明しますから、しばらく弁護士会にはお付き合いをさせますがご了承ください」と意気揚々な文章が弁明書にでますけど、紀藤の弁明書ははじめから逃げ腰で、弁護士会にも早くこの懲戒処分申請を終わらせろといわんばかりの文章のみなら並びましたね。その紀藤の弁明書に瓜二つの弁明書を出したのが以下の悪弁護士ども。
●佐々木大介
●江川剛
●阿部克臣
●梅津竜太
●萩上守男
●山口貴士(東京弁護士会所属)
全員紀藤の経営するリンク総合法律事務所の弁護士です。
punch
punch
punch
犯罪を未然に防ぐ立場の弁護士が、。紀藤の犯罪をみて知りながら、知らぬ存ぜぬ印鑑まで押し「偽証」をしたわけです。そんな種類の弁護士共が、事務所内で起きた犯罪には無関心で、世間一般の犯罪行為には被害者救済として各書弁護団に所属するなどは、もはや偽善者のすることですからね。紀藤を真の弁護士姿と崇めて所属弁護士と紀藤同様の上辺だけの弁護士像、被害者救済などとは真っ赤なうそ、紀藤同様に後輩弁護士らも自身らの弁護士名が世に知らしめるための偽の被害者救済側ということです。
punch
punch
punch
ですのでこれらの低次元弁護士等にも理解できるように弁明書の矛盾点を郵送してさしあげましたけどね。所属弁護士と同じ発想をしたのが第二東京弁護士会の網記委員とかいう部署と会長の山田秀雄達、不正調査で結果を出す弁護士会に言うだけ無意味、後はわたくしが当地の事件内容にもう一つの犯罪行為として記載して全世界の方に第二東京弁護士会と言う悪質な組織を公開するのみ。
東京都千代田区霞ヶ関1丁目1-3
第二弁護士会 会長山田秀雄
Phone3-3581-2255
And
東京都千代田区麹町4-7
パークサイドビル3階、リンク総合法律事務所
事務所の所長でありながら、世間にバレなければと遠隔操作犯罪者行為を繰り返す紀藤正樹&事務所属弁護士
Phone 03-3515-6681
第二東京弁護士会などは「独裁国家」と同じ、自分達に都合のよい立場が弁護士であれば、たとえ犯罪を犯してもどうにでも調査結果が出せる。そんな悪質な第二東京弁護士会にはもはや要は無い。
punch
punch
punch
March・6・2015ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
_

第二東京弁護士会の不正調査結果「パート1」

Hello Long time no see.

2008年から延々と弁護士でありながら遠隔操作、不正入力、E-mailの盗み読みを世間にばれなければと被害を与え続ける、精神異常者の第二東京弁護士会所属の紀藤正樹。人の苦しみが理解できない弁護士に、本当の意味での被害者救済立場ではなく、それは自身の名誉欲優先の偽善行為です。紀藤は警察が先にマークするような大型消費者被害に弁護団長を名乗る出る理由は? 被害者を悪用利用をし、自分がいかにすばらしい弁護士かを世間に認めてもらいがための言動。
hairsalon
memohairsalon
裏の顔が無い真の弁護士であれば、事件の大小にはこだわりませんからね、要するにカモがネギを背負ってきたケースがあればあるほど、紀藤にとっては大好物のようにすぐとびつき、いわばハイエナ思想者。遠隔操作でわたくしに多大な被害を与えるような弁護士に被害者を助けたいなんて思うわけもなく、、紀藤の言動で自分がいかに偽善者なのかがことごとく証明されています。
hairsalon
memohairsalon
こういう、ヤクザみたいな弁護士は徹底的にと、、ですので去年から紀藤が所属する弁護士会に懲戒請求申請書を提出しました。それが、どうでしょ、3月に入り第二東京弁護士会ではそうそうに調査を打ち切りの手紙が届きましてね、ご丁寧に会長の山田秀雄も印鑑を押して、60日中に意見があれば提出するようにとあり、最初の調査出だした結果で決めるような組織にもはや要は無い、第二東京弁護士会とはこんな不正も平気でする組織なのかと改めて思いました。というのもわたくしの被害はパソコン上ですから、正常な弁護士会であれば? まず紀藤のパソコンを弁護士会に提出させ、徹底的に調べますよね? しかし弁護士会ではそれすらせずに懲戒をしないことにしたと寝ぼけた文章があり、要するに弁護士会に都合の良い立場の犯罪行為には甘い、さしてただ会に所属している弁護士が犯罪行為を犯す場合(依頼者から預かったお金を横領したとかの)の犯罪行為は徹底的に調べて、懲戒処分の結果を出すように。
hairsalon
memohairsalon
こんな弁護士会なら「あ~そう」とあとはわたくしスタイルで徹底的に、、なおこの紀藤正樹は当地で起きた集団ハラスメントケースの加害者であり容疑者立場です。
詳細はこちらから
mugucupsusa.cocolog-nifty.com
「世界でただひとつの集団ハラスメントケース」
このケースは今年の5月以降米国の出版社から本になります。刑事事件ですから加害者側は実名記載です。その際にはもちろん遠隔操作犯罪者でもある紀藤正樹名も原稿に記載し、紀藤の、もう一つの犯罪行為遠隔操作の事実も、また第二弁護士会では不正調査結果うんぬんというのも記載します。第二弁護士会会長の山田秀雄もTVやマスコミに顔や名前がしれてますからね、その関係からも紀藤を援護したようですが、わたくしにはそんな彼らの利害関係などは無関係ですから、汚い弁護士会の実態も含めて原稿に記載します。これが弁護士会が正規のルートで紀藤のパソコンを徹底的に調べてからの調査結果なら第二東京弁護士会の正常な調査となりますが、その2に続く。March/6/2015ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他のカテゴリー