« 歌手中居正広も洗脳した犯罪者弁護士が目の敵にする統一教会 | トップページ | 統一教会を目の仇にする弁護士の「裏の顔」 »

2015年5月26日 (火)

歌手中居正広、X-japanのToshiも洗脳させた犯罪者弁護士紀藤正樹

Hello

さて、霊感商法被害弁護団なる組織の実態ですが、
誰がどんな宗教を選ぼうが他人がごちゃごちゃいう必要はどこにもなく、これも電波を通じてまことしやかに視聴者に「統一教会は」、、と、、洗脳をしてマスコミまで利用悪用の世界、これが霊感商法被害対策弁護士の目的のひとつ、子供が無理やり拉致されて入信させられたわけじゃないのよ、大のおとなが自分の意志で入信し其の宗教のTopの思想に魅せられているだけのこと、それを大げさな表現で電波を通じて、にそこは悪のたまりばだと必死で植え付け作戦、創価学会の池田大作を神様と信じる人もいる、ワールドメイトのTopを神様だと信じる人もいる、キリストを神様だと思う人もいる、それは全部その人の自由な宗教選択範囲、またツボを高値で購入させられた、だから詐欺だと、自分の意志で買っただけのこと、銀行に無理やり連れて行かされてナイフを腹に突き刺されて、脅迫をされながら引き出したお金じゃないでしょうが、自分の意志で買おうと決めただけのことを大げさに、洗脳させられたと騒ぐのが霊感商法被害救済となのる側の特徴、だいたい、過保護、自分の意志で入信、自分の意志でツボを購入を決めた、外野ががたがたいうほうが、ほっとけばいい、合同結婚式もそう、一組であげる結婚式よりみんなで同時に、いいじゃないの、幸せ感を大勢でわかちあう、其のための費用も自分たちで用意、そこから受ける高額な費用が協会側に渡るというわけよ、どんな企画会社でも会社のりり分はあってしかりでしょうが、音楽関係の企画でも主催者側の取り分も含めての企画、ボランテイアではない以上は、弁護士もそうでしょうが、霊感商法被害対策弁護団としての依頼費用という取り分も考えた上での救済側、各被害弁護団もそう、自分たちの弁護士は依頼人から得る費用も含めての各被害救済側であるように、
drama
drama
企画=主催者側の実」も含めては常識範囲、自分たちの取り分のことは何も言わず各宗教の企画だけに目の敵にってどれだけ自分勝手な解釈なのよ、でしょうが。合同結婚式で幸せを得た人も現実に存在しているが救済側がそれは語らない、不幸になった人のみを強調したがる其の意味は? 救済弁護団側の実りがすこしでもあるように、、霊感商法被害弁護団がこの事実を隠す理由は?どっちが本物の洗脳者なのよ、、自分の悪質な犯罪行為を隠して、他人が起こした被害をTVで語るって、まともな人間性がすることではない。、一般社会犯罪者と同じ立場、前科者です、遠隔操作は犯罪ですから、あの一時期、騒がれた遠隔操作の容疑者、眉毛が特徴の、其の容疑者と一緒です。こんな悪質な弁護士でもファンが居る、紀藤の人間性は無関係で「弁護士だから」というだけの次元、こういうファンも紀藤は自分の有名税を傘にしてファンさえも洗脳させている立場ですからね他人の宗教に偉そうに語る資格はこの犯罪者にはないです。、合同結婚式?いいじゃない皆さんで幸せを分かち合えば、、それも皆個人の選択ですから、他人がごちゃごちゃいう必要はありませんわよ、ツボをかわされたって言葉を使いたがる、自分で買っただけのこと、ご先祖さまが泣いていると言われて無理やりかわされたってあなたね、、見えないものいると信じた個人の責任範囲、それを電波をつううじて、大げさにそれは騙されただけのことって、、どこまでも過保護、自分の責任範囲、高いと思ったら買わない選択をすればいいだけのこと。高いとおもったけどご先祖様が、、と脅迫されたというのが霊感商法弁護団の特徴、見えないご先祖さまを見えたと言われ信じた方の個人責任範囲、なんでもかんでも統一教会は悪だと決めつける、其の理由は?霊感商法被害弁護団の実入りを一番にかんがえてのこと、、いわば企画側の収入優先作戦
drama
drama
Aum宗教のように人殺しまでするような組織は無くして当たり前、信者をしあわな気持ちにさせたいという気持ちと其のために企画すれば宗教側の収入も考えて当たり前、弁護士側の収入は求めて、教会の収入だけが悪って何様なのよ、どちらも企画している以上は、どちらも企画側の収入も考えて当たり前でしょうが、言い分が自己中なのがこの気筒が所属する各被害者救済弁護団側の特徴。じゃあ宗教側の収入はなくて当たり前というのならば霊感商法弁護団の収入も考えるなって話でしょが、どちらも無収入ですればいいだけのこと、自己中男がなぜ各大型詐欺商法事件に首をつこみたいのか?被害者救済が一番の目的ではない、依頼費用が見込める、、お金目的とすでに判明していますしね。大型詐欺事件で被害者に投資したお金はまず戻りません、なぜならばすでに詐欺軍団が使い果たしてますから、紀藤が所属する被害者救済弁護団は特に要注意、弁護士依頼費用を払う二重の苦しみを得るだけ、、紀藤が関わる詐欺事件で問題解決ケースはひとつもない、第二東京弁護士会同様に、適当に調査開始を歌い、適当に更新情報をUpし、なんでも適当、、弁護団の実入が確実ならば後は被害者がどうなろうが感知しないのが紀藤という悪質な種類の弁護士わたくしがもっとも、この男の言動で呆れたのは、自分であぐら牧場被害対策弁護団長を名乗りながら、其のへんのミーハーファンがおせいじに祭りあげられて、次の都知事は紀藤先生でしょと言われたら、本気になり、「応援してくださいよ」ときたもんだ、、自分で弁護団長を名乗り出たのなら、その受け持ったケースが完全に終わるまで普通の精神者ならば、そう考えますでしょ? ところがこの名誉欲獲得だけに命をかける弁護士は自分が守ると約束した被害者を置き去りにして、次は都知事だと、、で、、わたくしが「あなたは自分で弁護団長を名乗りでて其の役目を果たす前に自分だけ陽の目のあたる都知事になるつもり、その自己中次元が理解できませんかね?被害者は今もお金で苦しむ生活でしょうが、それらを切り捨てて自分だけ移動って非常識も甚だしい」と、、そこでこの男、自身の無神経な言動に目が覚める次元の低さ、
drama
drama
だから100%の根拠としてこの弁護士は被害者のことなど何も考えてない、自分の名誉欲のためなら、被害者に約束した事もすっかり忘れて、自分の名誉獲得のために被害者を平気で切り捨てるするかしこい偽善者とね。この男の言動で、この男がうけるすべての依頼ケースに本気さは感じられないが見て取れてますけどね。X-JapanのToshiを洗脳させたのはMasayaではございません、この男の名誉欲の塊がToshiを電波を通じて洗脳させていた根拠もこの弁護士の行動で全て明らかになっていますから、中居正広を洗脳させたように、、この男の正体を日本国の出版社経由で公表したいくらいです。日本国に皆さんはこの役職に完全に騙されていますね、大体、まともな種類の弁護士なら、依頼人を切り捨てて自分だけ都知事になるために行動に移しませんしね、まともな種類の弁護士ならば世間にばれなければと遠隔捜査刑事事件を起こしませんしね、まともな種類の弁護士であれば、後輩弁護士に偽証させてもなんとも感じないなんて神経は持ち合わせていませんしね、この男のすべての言動で自身の悪質な弁護士姿勢があきらかになっているように、、汚い種類の人間性であることは100%の事実です。第二東京弁護士会ほど信用で見きない弁護士は他にはない、そしてその会に所属する紀藤正樹と佐々木大輔、山口貴士、梅津竜太、江川剛、中森麻由子、萩上守生、らのような悪質な後輩弁護士らとともにどこまでも道連れになるだけ、、、、最低な種類の犯罪者ばかり。ペテン師紀藤正樹がかぶりそうな帽子ですわね。May/26/15---------------------------------------

« 歌手中居正広も洗脳した犯罪者弁護士が目の敵にする統一教会 | トップページ | 統一教会を目の仇にする弁護士の「裏の顔」 »

心と体」カテゴリの記事