« 歌手「中居正広」、遠隔操作犯罪ケースの関係者です。 | トップページ | 歌手中居正広も洗脳した犯罪者弁護士が目の敵にする統一教会 »

2015年5月26日 (火)

歌手中居正広と遠隔操作犯罪弁護しの後輩佐々木大介の黒い関係

Hello
タレント弁護士とは、弁護士力がない分、すこしでも自分はすばらしい弁護士だと世間に公言するに一番良い場所は、TVに出演すること、大した弁護士力は無いのをそれらしい力のある弁護士だと電波を使って視聴者を洗脳させて、、と、。普通に考えて自身に本物の弁護士力が備わっていれば、なにも電波を通して自分を売り込むを必要はないですからね。それこそ人づてや口コミでそこの弁護士さんはできる人だと第3者が認めてくれるというもの、わざわざTVに出たがる弁護士ほど無能弁護士類と覚えておきましょう。
その無能弁護士の一番手が、アメリカ在のわたくしに異常な執念でストーカー行為を続ける遠隔操作犯罪弁護士紀藤正樹、自身が作成した弁明書も、これが弁護士の作成?とおもうほどの矛盾だらけ、さすがタレント弁護士と思うくらいの弁護士力ゼロ、こんな低次元弁護士をTVで持ち上げられて、本人も自分はできる弁護士と恥ずかしい勘違いをし、先輩弁護士がこの程度ですから、後輩弁護士も弁護士力はゼロ以下、評価できないほどの無能さと判明。それが佐々木大介なる背丈だけは一人前に高い、後は弁護士としての力はまったくなく、すでに偽証と言う犯罪行為を犯した前科者に等しい男てすしね。
だいたい弁護士事務所を選ぶ際に、何を基準としたのかがすでに判明、弁護士力はゼロの紀藤正樹とはまったくしらず、佐々木も電波を通じて洗脳されていますからね、紀藤弁護士なら、、と、騙されて、実は紀藤正樹は只のその辺の犯罪者と全く同格、マスコミに名前がしれているから、いつか自分もTVに出てという野望が優先で選択したのが紀藤正樹の事務所、なるほど犯罪者には犯罪者後継者が生まれるという道筋ができあがっているのが実によく分かる。弁護士事務所を選ぶ際に紀藤正樹の低次元と佐々木大介の腐った野望がマッチしたということです。そしてその一致した相性のよい後輩を自分と同じTVに、、と、、紀藤が好んで佐々木をテレビ会に送り込み、佐々木文字新お犯罪行為を隠して偉そうに、、弁護士は、、うぬんと、弁護士にもいろいろ格差があるの、弁護士でありながら、所長である紀藤正樹の犯罪行為をしらぬぞんぜぬで認めた無能弁護士の見本のような弁明書、その矛盾点すら理解できない程度、
紀藤経由でTV界におくりこまれたら、後は紀藤同様に低次元の弁護士になりさがり、紀藤同様にすでに犯罪者、どこまでも道連れ、まあしょうがないですよね、佐々木大介の人を見る目が最初から狂っていたわけですから、自業自得誰の責任でもない、わたくしなにが嫌いっていえば、大した力もないのに自分を飾り立てて、ニセの外見を作る人、つまりそらは偽善者ですからね、自分の努力の上に徐々に外見中身を磨く人こそ人づてで口コミで
その人間性の評価を得るもの。佐々木大介が紀藤を選んだのがわかるようですわよ
要するにうわべだけの人間性、紀藤の法律事務所に所属する弁護士が全員無能、「へ~~~弁護士を名乗りながらこんな簡単な矛盾も理解できないんだ、、」と改めて感じたくらい粗末な弁明書でしたから。
そして女性事務員も紀藤の犯罪行為の共犯者ですしね。狐と狸の化かし合い、依頼人はカモがネギを背負ってきたとしか見てません、それも100%事実ですしね。歌手中居正広も電波を通じて紀藤に洗脳された一人ですから、紀藤の弁護士力ゼロの次元を全く知らず、テレビに出ているから優秀な弁護士だとすっかり洗脳されて、、佐々木大介が出演する番組に中居が好んで出演というのもその関係から、これを黒い関係といわずしてなんというでししょうが、、、中居は善人のふりをしている弁護士紀藤正樹とその後輩佐々木大介に完全に騙されている事に気が付かないだけ、、、。
統一教会を目の敵にする犯罪者弁護士紀藤正樹につづく。May/26/15

« 歌手「中居正広」、遠隔操作犯罪ケースの関係者です。 | トップページ | 歌手中居正広も洗脳した犯罪者弁護士が目の敵にする統一教会 »

心と体」カテゴリの記事