« 第二東京弁護士会長の不正と職務怠慢=これも犯罪行為です。 | トップページ | 歌手「中居正広」、遠隔操作犯罪ケースの関係者です。 »

2015年5月17日 (日)

芸能界の「ヤラセ番組」とタレント弁護士とのねじ曲がった関係

日本国の弁護士会

日本全国各都道府県に必ずありますが、その中でも一番悪質な弁護士会が第二東京弁護士会、現在の会長山田秀雄もいわゆる芸能人弁護士と呼ばれる立場に属するはず、というのも山田は日本のテレビ番組でも目にする機会はたたあるでしょう。弁護士会の役目とは?不正を犯した弁護士に対して厳正なる姿勢で、どの弁護士にも公平な処罰を与えるべき組織、ところがこの第二東京弁護士会とは、まるで社会主義国家のように組織にとって何かしらの役職についたことのある弁護士の犯罪行為には一切直視せず、物的証拠も徹底的に調べもせず、不正調査結果を早々に出すようなお粗末な組織です。其の結果、第二東京弁護士会では公正な調査などは興味が無いと自らが会長をつとめる弁護士会と山田自身が公言したのと同じですね。では其の程度の第二東京弁護士会もはや何の信用もない、こんな低次元の第二東京弁護士会などに依頼するだけ時間の無駄、後は日本の弁護士会の頂点にたつ組織に、山田秀雄を含む世間にバレればければと延々と遠隔操作、ストーカー行為を続け遠隔操作という刑事事件の容疑者弁護士紀藤正樹ともども、資格剥奪申請書をだすのみ、
<資格剥奪対象弁護士名>
紀藤正樹ーこのケースの張本人
       遠隔操作容疑者弁明書で偽証罪確定、簡単な矛盾も理解不能程度の弁護士
山田秀雄ー第二東京弁護士会会長、職務怠慢で加害者の野放しにした男
秋山清人ー同じく第二東京弁護士会、山田の家来となり同じく職務怠慢
山口貴士ー偽証罪確定、この男も簡単な矛盾点すら理解不能
佐々木介ー弁明書で偽証済み、
梅津竜太ー弁明書で偽証している事態理解不能
刑部志保ー元紀藤事務所所属弁護士、自分だけ逃げて事務所を変更し、しかし逃げても
中森麻由子ー紀藤をまっとな弁護士と思い所属に、しかしただの犯罪者とも知らず、
萩上守生ー同じく偽証している根拠すら理解不能、
江川剛ー同じく偽証済み、偽証は犯罪行為です。
<懲戒処分対象弁護士>
岩下圭一ーストーカー並に無意味な申請書を送り続けた弁護士
山口広ーー霊感商法被害救済側を名乗るが身内の弁護士の犯罪は黙認
渡辺博ーー同じく霊感商法救済側、山口同様に救済側の弁護士犯罪には無関心
北村晴男ー芸能人弁護士
本村健太郎ー同じく芸能人弁護士
大渕愛子ー紀藤を祭り上げる企画に参加
菊地幸夫ー同じく芸能人化した弁護士
八代英輝ー同じく芸能人弁護士化、所属弁護士の悪質な行為を黙認
鈴木喜久子ー紀藤とは救済側、黙認
塚田裕二ー犯罪弁護士紀藤とは救済側、黙認
壇俊光ー犯罪者弁護士紀藤正樹を先輩と崇める男、紀藤は只の犯罪者ですがね。
さて偽証をしたことも理解不能な低次元の弁護士とそれらを庇った弁護士達、さてこれらの弁護士の処分はいかに?
もしこれから弁護士になる方がいて所属先をお探しの方は、第二東京弁護士会だけは避けたほうがよろしいでしょう。独裁国家体制のような弁護士会に所属でもしてもしたら最後、其の弁護士も犯罪者の仲間入りになり調査される側に立ちそうですから。またこの犯罪弁護士紀藤正樹を美化するために一役買った芸能人とその番組制作会社もヤラセ番組を、、それは違法行為ですけどね。歌手中居正広ら金スマ製作会社を含む多数、、最も卑劣な犯罪行為を犯している弁護士を「美化」するとは、そのケースの事実確認もしないで、、しかしその結果、わたくしにはたくさんの根拠ある真実が生まれましたが、、、、、☂☂☂

« 第二東京弁護士会長の不正と職務怠慢=これも犯罪行為です。 | トップページ | 歌手「中居正広」、遠隔操作犯罪ケースの関係者です。 »

心と体」カテゴリの記事