« 世間にバレなければと、裏で犯罪行為を繰り返す日本の弁護士男 | トップページ | 第二東京弁護士会の不正調査結果「パート2」 »

2015年3月 7日 (土)

第二東京弁護士会の不正調査結果「パート1」

Hello Long time no see.

2008年から延々と弁護士でありながら遠隔操作、不正入力、E-mailの盗み読みを世間にばれなければと被害を与え続ける、精神異常者の第二東京弁護士会所属の紀藤正樹。人の苦しみが理解できない弁護士に、本当の意味での被害者救済立場ではなく、それは自身の名誉欲優先の偽善行為です。紀藤は警察が先にマークするような大型消費者被害に弁護団長を名乗る出る理由は? 被害者を悪用利用をし、自分がいかにすばらしい弁護士かを世間に認めてもらいがための言動。
hairsalon
memohairsalon
裏の顔が無い真の弁護士であれば、事件の大小にはこだわりませんからね、要するにカモがネギを背負ってきたケースがあればあるほど、紀藤にとっては大好物のようにすぐとびつき、いわばハイエナ思想者。遠隔操作でわたくしに多大な被害を与えるような弁護士に被害者を助けたいなんて思うわけもなく、、紀藤の言動で自分がいかに偽善者なのかがことごとく証明されています。
hairsalon
memohairsalon
こういう、ヤクザみたいな弁護士は徹底的にと、、ですので去年から紀藤が所属する弁護士会に懲戒請求申請書を提出しました。それが、どうでしょ、3月に入り第二東京弁護士会ではそうそうに調査を打ち切りの手紙が届きましてね、ご丁寧に会長の山田秀雄も印鑑を押して、60日中に意見があれば提出するようにとあり、最初の調査出だした結果で決めるような組織にもはや要は無い、第二東京弁護士会とはこんな不正も平気でする組織なのかと改めて思いました。というのもわたくしの被害はパソコン上ですから、正常な弁護士会であれば? まず紀藤のパソコンを弁護士会に提出させ、徹底的に調べますよね? しかし弁護士会ではそれすらせずに懲戒をしないことにしたと寝ぼけた文章があり、要するに弁護士会に都合の良い立場の犯罪行為には甘い、さしてただ会に所属している弁護士が犯罪行為を犯す場合(依頼者から預かったお金を横領したとかの)の犯罪行為は徹底的に調べて、懲戒処分の結果を出すように。
hairsalon
memohairsalon
こんな弁護士会なら「あ~そう」とあとはわたくしスタイルで徹底的に、、なおこの紀藤正樹は当地で起きた集団ハラスメントケースの加害者であり容疑者立場です。
詳細はこちらから
mugucupsusa.cocolog-nifty.com
「世界でただひとつの集団ハラスメントケース」
このケースは今年の5月以降米国の出版社から本になります。刑事事件ですから加害者側は実名記載です。その際にはもちろん遠隔操作犯罪者でもある紀藤正樹名も原稿に記載し、紀藤の、もう一つの犯罪行為遠隔操作の事実も、また第二弁護士会では不正調査結果うんぬんというのも記載します。第二弁護士会会長の山田秀雄もTVやマスコミに顔や名前がしれてますからね、その関係からも紀藤を援護したようですが、わたくしにはそんな彼らの利害関係などは無関係ですから、汚い弁護士会の実態も含めて原稿に記載します。これが弁護士会が正規のルートで紀藤のパソコンを徹底的に調べてからの調査結果なら第二東京弁護士会の正常な調査となりますが、その2に続く。March/6/2015ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 世間にバレなければと、裏で犯罪行為を繰り返す日本の弁護士男 | トップページ | 第二東京弁護士会の不正調査結果「パート2」 »

心と体」カテゴリの記事